個人的には街角占い師よりも信用できる占いサイトの鑑定士について

街角にいる当たる占い師と占いサイトの鑑定士の相談の質の違いとは

no_image

小学校六年生の頃、両親とスーパーへ買い物に来ていたときに、手相を見てもらったことがある。ちょうどエレベーターの前で、白い

恐怖感を煽られた結果・・・碌でもないことにならない為の占いサイトに関する豆知識

no_image

先日、私の住む地域で有名な占い喫茶に行ってみました。住宅地の中にひっそりと佇み、昭和の風情が感じられる薄暗い店内は、手前

おまじない好きの女性は当たる占いサイトで相談することにハマりがち

no_image

私が初めて占いに興味を持ったのは、小さい頃に読んだおまじないの本が切っ掛けでした。占いとおまじないは似通っており、信じる

街角にいる当たる占い師と占いサイトの鑑定士の相談の質の違いとは

小学校六年生の頃、両親とスーパーへ買い物に来ていたときに、手相を見てもらったことがある。ちょうどエレベーターの前で、白い布をかぶせた台の上に大きなルーペを置いて座っているおばさんがいたのだ。しばらくじっと見ていると、おばさんは優しげな微笑みでこちらを見て、ゆっくりと手招きをした。

その手に導かれるように引き寄せられた……わけではないのだが、何となく近づいてみた。おばさんは「お買い物疲れたでしょう。ここに腰かけて」と、まるで近所に住んでいるおばさんのような口調で、私を座らせた。そして、頼んでもいないのに「左手のひらを見せて」と言って、勝手に手相占いを始めた。

私は断るスキもなく、私の手のひらに向けるおばさんの真剣な眼差しを凝視していた。「あなた、好きな人はいる?」とおばさんは聞いてきた。私は「いません」と静かに答えた。おばさんはニコニコしながら「あなたのことを好きな男の子が3人もいる!」と言った。

私は心の中で「いません」と答えた。さらに、「あなたはおそらくハタチで結婚するわね」と、いいスイカを見極めている主婦のような顔で断言した。そして十数年が経った。おばさん、私二十代半ばになりましたけど、未だに独身どころか彼氏もいませんよ。

占いなんてチキショウと思っている。

◆「四柱推命」という占術方法を用いる当たる占いサイトの鑑定士の的中率とは
血液型占い、星座占い、タロットカードに手相に姓名判断、と、世界には多くの占いが存在しますが、日本においてもっともポピュラーでさまざまな占いに派生し使われているのが「四柱推命」という占い方法です。名前は聞いたことがあるけどピンとこない、という方もいるかもしれませんが、生年月日で運命を占うやり方のことを指しますから、生年月日が必要となる占いのほとんどは、この四柱推命がもとになっていると考えてもいいでしょう。

四柱推命占いで運命を見るためには、生年月日のほか、本当は出生時間も必要となります。普段、自分のプロフィールが必要になったときに、出生時間を用いることはほとんどありませんから、わざわざ自分が何時に生まれたかなど知っている人も多くはないのではないでしょうか。

しかし、正しい四柱推命占いには「年、月、日、時刻」が必要になってきますので、興味のある方や今後四柱推命占いに手を出したいと思っている方は、生まれた時刻を頭の片隅の方にでも置いておいて損はないでしょう。時刻が分からない四柱推命は、もう四柱推命ではなく、「三柱推命」となってしまいます。占いによく活用されるだけあって、生年月日は人の運命に大きく左右していると考えていいでしょう。

いつ産み落とされたかで、ひとの運命が決まり、その後の環境、選択、行動によって後天的な運命が定められていきます。四柱推命では、過去も未来も現在も占うことができ、その人自身の人となりを読み解くこともできますから、悩みがありなにかアドバイスをもらいたいと考えている人にとってはうってつけの占い方法です。